LOG




24時間限定リアルタイム


斯くなる上はと働いた


善だから急げよ


「あなた」がこの世界から消えてくれるならわたしなんだっていいよ、そうしたら幸せになれるのに 気持ち悪い


傘の中で吸う煙草はいつもより美味しい
バス停のシンガーは今日も、いやに明るいうたばかり


花柄はもう着れないの そう言って彼女が哀しそうに笑ってみせたので、ぼくは そんなことないよ と言ってあげたかったけど のどが張り付いて ん、と、頷くことしか結局できなかった。それだけの話さ。


さんまはさめじゃあない


うえーっと言うくらいには嫌だったもう首を切られたと思って万歳三唱していたというのに何故こうも付きまとってくるのか?


埋められないよ5年は


ぜんぶ叶ってしまった気になってダメだな


全て匣に詰めてしまった
そうしたら笑える程にちっぽけだった
さよなら4年 あと80余年